あなたの断り方は大丈夫!?適切なお見合いの仕方

相手が自分の求めている人でなくても注意が必要

結婚相手を探すためにはお見合いなどを利用することで、自分の探している条件にあった異性に会いやすくなりますが、中には自分の好みでない異性とお見合いになってしまうこともあるでしょう。しかし、好みでないからといって適当にお見合いをしたり、失礼な態度で断ったりすると相手を傷つけるだけでなく、お見合いを紹介してくれた人も今後は紹介をやってくれなくなることもありますよ。そのため、断りたい時にはよく考えておきましょう。

正しいお見合いの断り方

まずお見合いを仲介人に紹介されたときに、まだ結婚をする気がない場合には無理に相手に会おうとせずに、しっかりと断ることが大切であり、結婚する気がないのに無理にお見合いをしてしまうと、結婚を本気で考えている相手に対して失礼になります。また、実際行って相手が自分に合わないと思った場合には相手が悪いからと言わずに、自分のほうに問題があるからという理由でお見合いの断りをしたほうが相手を傷つけずに、自分の印象も下げずに済むでしょう。

断る時のタイミングや理由も気を付ける

仲介人がいるならお見合い相手ではなく、仲介人にできるだけ早く断る理由を伝えるようにしないと、相手も自分の返事を待っているので失礼です。また、相手を傷つけない理由は大切ですが、謙虚な態度は場合によっては相手に付き合うことができるかもしれないと勘違いされることもあるので、理由はよく考えましょう。正しく断ることができれば互いに嫌な思いをせずに、新しいお見合いを進めることができたり、断り方を正しく学べば相手の気持ちをより考えられるようになるので、お見合いを成功しやすくして、結婚の話に繋がりやすくもできるでしょう。

結婚相談所の事業内容として、お見合いパーティーや懇親会などの企画が中心となっており、初めて婚活に挑戦をする人からの期待が寄せられています。